法人名: NPO法人富士山ナショナル・トラスト


所在地: 〒412−0047
静岡県御殿場市神場646ー1
電話: 0550−80−0005
FAX: 0550−78−7976
E-mail: info@243nt.net
御殿場地方の天気


(財富士社会教育センター
電話: 0550−89−2530
FAX: 0550−89−2516

NPO法人富士山ナショナル・トラストの活動に参加してください。
理事長花田文夫
富士山ナショナル・トラストの活動について、簡単にご説明いたします。

活動を始めたきっかけと活動の目的
1707年に、富士山は大爆発しました。
宝永の大噴火です。
その結果、
富士山の南東麓に辺る御殿場口登山道から須走口登山道の間の約4キロメートルに渡り標高1,200メートル辺りまで
噴火物に覆われ火山荒原(砂礫地帯)と成りました。
森林限界が標高2,400メートルから2,600メートルですから、
この一帯はそれまでは森林でありました。
それが、火山荒原(砂礫地帯)と成ってしまったのです。
今、この火山荒原(砂礫地帯)がどういう状況にあるのか。
毎年と言っていい程、「雪代」と呼ばれる雪崩によって崩落が続いているのです。
1,995年3月17日の14時頃、
近年類をみない規模の雪代が起こりました。
発生地点高度2,300メートル、
停止高度1,200メートル、移動距離3,000メートル、
流動幅3,500メートルというものでした。
(小岩清水氏調べ)
その結果、
スキー場のリフトは流され(当時スキー場が在った)
山小屋は壊され、道路は分断されるという
大きな被害が発生したのです。
この状況に危機感を持った有志が、昔は森林で在ったのだから、
その森林を復元させることによって、
崩落を少しでも防ごうと、
任意団体「富士山ナショナル・トラスト」を発足させ、
植樹活動を始めました。
平成8年(1,996年)3月です。
そして、平成24年(2,012年)10月に
NPO法人としての認証を受けて、今日に至っています。
この間に植樹した苗木の本数は、約19万本となりました。
毎年、1万本以上の苗木を作り、
それを毎年4,000人から5,000人のボランティアの皆様が1万本の植樹を行う。
この活動を1年周期で行っています。

具体的な活動内容
具体的な活動の内容は、植樹するための苗木作りと植樹です。
植樹するためには、苗木が必要です。
苗木を他所から持って来て植えると、
富士山の生態系を破壊しますので、
富士山に自生している樹を使って3つの方法で苗木を作っています。
第一は挿し木です。
春挿しと秋挿しがあります。
富士山で挿し木する樹の枝を採集し穂木を作り、
畑に挿し木する。
春挿しは翌年、秋挿しは1年半後に掘り出し、
大き目のポットに植えて2ヶ月程度育てて根を定着させ、
富士山に植樹します。
第二は実生の苗木作りです。
富士山でドングリや実を採集し、種の調整をし種蒔きをします。
芽が出て1年程経ったらポットへ植え替えて、
4年から5年くらい育てて富士山に持って行きます。
第三は幼苗採集です。
富士山には自然に芽の出てきた幼苗が有ります。
これを採集して、4年くらい育てて、
また富士山に返すというものです。
植樹の方法は、
多品種及び密植という方法です。
出来るだけ多品種の樹を植える。
それを30センチ間隔くらいに密に植えるというものです。
植えた後は、チップと呼んでいますが、
庭園等で伐採済の樹をチッパーという機械で粉々にした有機物を撒きます。
この有機物の効果には、
保水効果、夏の日照りを防ぐ効果、腐ったら肥料と成る効果が有ります。
栄養分の全く無いスコリアの土壌改善を期待しているのです。

ボランティアとして活動に参加する方法
第一は、一般公募イベントへの参加です。
年間15くらいの公募イベントを実施しています。
本ホームページ等でご確認のうえ、
ご自身の都合の良いイベントに御参加ください。
第二は、団体受け入れです。
会社や労組、学校や子ども会など、
団体で参加する方法です。
日時やプログラムを御相談させていただいて実施します。
毎年40団体くらいの参加を頂いております。

ぜひ、会員に成って、活動のご支援をお願いいたします。
会員制度は、
正会員、一般会員、賛助会員と有ります。
正会員
この法人の目的に賛同して入会した個人並びに法人で、
議会議決権を持ちます。
年会費:3,000円
一般会員
この法人の目的に賛同して入会した個人で、議会議決権を持ちません。
この法人のイベントへ自由に参加できます。
年会費:2,000円
賛助会員
この法人の事業を賛助するために入会した個人並びに法人で、
賛助金の支払いを行うというものです。
賛助金:随意
植樹指導員の募集
一般公募イベントや団体受け入れを行う際には、
植樹その他の作業のやり方の指導者が必要です。
定年後の生きがい対策として御協力いただけませんか。
皆様のご支援をどうぞ宜しくお願いいたします。